コラム

生産計画

生産計画は、基本計画と業務計画に大別される。

1.基本計画(経営構造計画)
 長期的な経営方針に基づいて生産全般にわたる基本的な構造や活動方針を計画するものであり、テーマに応じてそのつど検討される臨時的な計画である。

(1)設計業務に関する計画・・・新製品の開発計画やモデルチェンジ計画や設計業務の基本的な基準やルールを設定したりする。
(2)調達業務に関する計画・・・主に資材計画を行う場合の基本的な基準を決める。すなわち資材選択基準、在庫基準、内外作の区分基準などを計画する。
(3)製造業務に関する基準・・・自工場の生産能力の質と量とを決める計画。工場の建設、設備投資、工程編成などを決めたり、それに伴う作業方法、標準化など作業の基本を計画する。

2.業務計画(総合計画)
  基本計画に基づいて、日常の各種の計画(受注から生産、納品に至る計画)がなされる。

(1)販売計画・・・経営方針や販売予測による。
(2)生産計画・・・販売計画により生産計画を立てる。操業度安定のため、納期や数量、在庫量を調整。
(3)購買計画・・・生産計画に基づいて、資材の調達計画として、購買計画や外注計画を進める。材料在庫は生産と購買の調整の有力な手段。
(4)資金計画・・・販売予算、代金回収、製造予算、購買予算、在庫予算などの策定。
(5)利益計画・・・目標利益達成のための各種予算の調整。

3.期間別の計画
(1)大日程計画(期間生産計画、長期計画)
  経営計画の一環として、半年先や1年先などの長期間にわたる計画を立案する。
(2)中日程計画(月次計画、中期計画)
  毎月(または毎週)、むこう3ヵ月程度の計画を立案。部門別(職場別)に計画する。
(3)小日程計画(日程計画、短期計画)
  日~旬ごとに、むこう1日から10日程度の計画を立案する。
  計画対象は、各作業者や機械である。単に日程計画ともいわれ、職場長や工程係が立案する場合が多い。

4.計画のローリング
  大日程計画や中日程計画は実情に合わせて、3~6ヵ月に1回程度見直して新たな大日程や中日程に作りなおす、これをローリングといい、大事なプロセスである。

 


■村田 哲也a

(産業人OBネット 中小企業診断士 アドバイザー)

京都大学卒業後、株式会社神戸製鋼所に入社。
設備管理の業務に携わり、役員に就任。
退職後は、製造業中心に生産管理・品質管理等のコンサルティングを行うとともに、職業能力開発大学校にて若手技術者の育成に取り組んでいる。

ページの先頭へ戻る
有料職業紹介事業 【厚生労働大臣許可 28-ユ-010036】 プライバシーマーク